TOPICS

「 日別アーカイブ:2017年12月22日 」 一覧

「鞄の産地」豊岡で若者が生産を管理しながら頑張った件

どうも橋本です。
 
 
 
今年は生産管理を主に担当しながら、様々なことを経験し携わることができた1年。
ざっくりとですがまとめると上記のような感じです。
 
年末ということで自分で単語を1つ上げるならば「余裕」です。
決して「余裕」な1年だったという訳ではなく、「余裕」の大事さを知ったというような意味合いです。
 
余裕を持つことって生きる上で良いこと、大事なことだと言われていますよね。
余裕を持って準備するとか、お金に余裕を持つとか、余裕を持った男は格好良いみたいな。
私は現状、余裕を持っているとは言えませんが、余裕を持ちたいという意識をもって行動には移せています。
 
ふと、「余裕の持ち方」について調べていく内に対義語は何か。ということを思いました。
検索してみると答えは様々ですが、一番しっくり来たのは「切迫」でした。
そこで疑問なのですが、切迫感を持って準備する、お金に切迫感を持つ、これらは果たして良くないのでしょうか。
捉え方にもよりますが、切迫もとても大事だと思いました。むしろ私は余裕よりも切迫の方が重要で、格好良いとさえ思います。「切迫感を持った男。」格好良いですよね。
 
要するにその物事に対する姿勢や過程の問題だと思ってます。
切迫感を持ったことによって余裕が生まれるし、余裕を持ったことによって失敗に繋がったり。まあ今のは極端な例ですけど。でも今言った例って物事の真理ですよね。
他にも応用が利くと思います。必ずしもイコールで切迫が余裕に繋がる訳じゃありませんが、そう考えると言葉って凄い面白いですよね。ただ表面的に言葉を受け取るだけじゃ本質は分からないなってすごい感じました。
 
携わった様々なことの中でも、先日の忘年会は幹事を経験しとても勉強になりました。
 
横断幕を描いたことがとても印象に残っております。
 
 
来年は「余裕」と「切迫感」の双方を持って頑張りたいと思います。
 
ではまた来年に。
 
 
橋本 
 
 
Image_f67b16d
 

2017/12/22 | TOPICS