TOPICS

「 TOPICS 」 一覧

CREEZANロケハン

 

こんにちは!生産管理の関岡です。

 

 

早いもので2016年、1ヶ月が終わってしまいました。

 

今週から中国、ベトナム工場ともに旧正月中でお休みです。

 

11月後半からは、旧正月前出荷に向けてやり切らないといけない業務目白押しですので、

 

生産管理輸入チームもこの期間だけは少し一息つける時でもあります。。。

 

 

 

先日、CREEZANホームページ用撮影の為のロケハンに行ってまいりました。

 

CREEZANのイメージを膨らませながら、一日中カメラ片手に動きまわってきました~!

 

今まで何気に歩いていた道、場所でも視点を変えて歩いてみると、

 

雰囲気あるな~と改めて感じることが出来ました。

 

残念だったのは、時期的な問題で空の色が暗いこと、緑が少ないこと。((+_+))

 

春夏になったら、再度撮影を追加したいと思っています。

 

ロケハン中は、もちろんCREEZANのバッグを持ってウロウロしていたのですが、

 

立ち寄ったSHOPの店員さんから「すごくラインの綺麗な鞄ですね~」とお褒めの言葉を頂き、

 

すごく嬉しくなってしまいました。

 

 

 

CREEZANにはシリーズが何種類かあるのですが、その中でも私のお気に入りは「ULTIMATE」シリーズです!

 

撮影場所もイメージもどんどん湧いてきています~!

S__31080474

S__31055890早くみなさんにもCREEZANの世界観を見て頂きたいな~

 

 

 

本番撮影のオフショットもまた公開します!

 

コニー一押しのモデルを起用しての撮影ですのでお楽しみに!!!

 

2016/02/05 | TOPICS

CREEZAN提供 旅のコラム公開中

CREEZANホームページにて、

浮田泰幸さん×CREEZANコラボ企画の連載公開中です。

 

Return To Forever ~永遠へと還る旅~

上質な大人旅をテーマにしたCREEZAN提供の旅のコラムです。

http://dev.creezan.com/blogs/

是非ご覧下さい!

 

blues-road-004-e1451382601795

 

2016/02/01 | TOPICS

CREEZAN生産スタート!

こんにちは!

 

CONY ARCSの細川です(^^)

 

プライベートブランド“CREEZAN”の生産がスタートしました!!

 

とは言ってもまだ裁断物があがってきたばかりなので、まだまだ下準備段階ですが・・・

 

まずは裁断物の革検品から始まり、

 

革に傷や汚れなどがないかをチェックします。

 

一部のパーツは芯材を貼ったり、革同士を貼り合わせしてから、

 

本裁断→コバ処理→縫製→仕上げ→検品

 

かなりざっくりですが、大まかにこのような流れになっていきます。

 

縫製に入って、パーツ同士が組み合わさって、鞄の形に近づいてくるととても楽しいのですが、

 

そこまでいくには、現段階である地道なパーツ作りの下作業が続きます!

 

アイテムはトートバッグやキャリーバッグ、カメラバッグなど全11型、全部で200本以上生産予定です!

 

私は別ラインの生産チームなので、残念ながらCREEZANの生産には携わっていないのですが、

 

チラチラと生産過程を見させてもらいたいと思います(^o^)/

 

image1-1

 

2016/01/28 | TOPICS

生地サンプル帳!

 

 

 

どうも(* ̄▽ ̄)ノ

 

 

 

生産管理・和田です。

 

 

 

新年初めてのブログ更新日です。

 

 

 

新年明けてから国内生産分の納品があったり出張があったりとバタバタしています。

 

 

 

今年は暖冬とのことでしたが今週からすごく寒くなりました。

 

 

 

本社はほとんど車通勤なので雪が降っても交通の影響はあまりありませんが出張となるとそうはいきません!!

 

 

 

今週も東京出張があり、とても心配してましたが雪が少なかったのでほとんど影響を受けずに終えれてほんとよかったですヾ(´▽`)ノ

 

 

 

出張の電車の中では雑誌をよく読んでいるんですが最近のバッグには耐久性のある生地が使われていることが多いな、と思っています。

 

 

 

ちなみに弊社でもそのような生地を手配してバッグを生産することも可能です。

 

 

 

海外生産の場合は韓国事務所を経由して手配しています。

 

 

 

「こんな生地手配したい!」という場合、弊社では日本・韓国・中国といろいろなところで調査できます。

 

 

 

サンプル帳もいろいろ用意してあるのでその中から選ぶこともできます!

 

image1

 

 

2016/01/22 | TOPICS

裁断面の革加工 コバ塗編

こんにちは!!ラボの宮嶌です。

 

 

年が明けてもう2週間がたちました。

 

 

(暖冬暖冬)といわれ、年末は雪が降ることがなかった豊岡ですが

 

 

今週は雪の日もあり、朝晩は本当に寒いです。

 

 

さて今回は、前回のブログで書いたコバ塗りの説明をしたいと思います!

 

 

まずはじめに、汚れるのでエプロンを付けて作業しましょう!

 

 

ラボでコバ塗りをする際はコバ塗り機を使ってコバ液を塗っていきます。

 

 

 

 

koba1

プラスチックの容器の中にコバ液を入れます。

 

 

このままローラーを回して加工すると

 

 

革に付くコバ液の量が多く、

 

 

乾かすときに垂れてしまったり 乾きも遅くなるため

 

 

テープをローラーから少し離して貼り

 

 

塗る量を調節します。

 

 

このテープが弱かったり

 

 

テープを貼る位置によってはコバ液の厚みも変わるので

 

 

試して調節することをおすすめします。

 

 

 

koba

 

 

今回上の写真ではガムテープを使用しました。

 

 

コバ液を塗ったものはほかのパーツに触れないように乾かしていきます。

 

 

ラボでは人工芝生の上に置いたりしています。

 

 

コバ塗り機はこれ以外にも種類があり、

 

 

手動のコバ塗り機ではなく自動の機械を使っているところもあります。

 

 

 

コバ塗り機がなくても

 

 

 

竹串や割りばしの先にスポンジをセットし

 

 

 

その上からストッキングでくるんだ刷毛を使ってコバ液を塗ることもできます。

 

 

 

ラボで塗るときはコバ液しか使用しませんが、

 

 

 

革の種類や見せ方に合わせた加工も液剤も様々あるので

 

 

 

これからもいろいろと勉強していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016/01/15 | TOPICS

縫製工場 ~ ベトナム編(2)~

新年明けましておめでとうございます。

 

本社生産管理の関岡です。

 

 

コニーも昨日より今年の業務スタートです。

昨年は当社ブランド「CREEZAN」のお披露目をする事が出来、一歩踏み出せた年になりました。

今年は「CREEZAN」を実際にお客様に使用して頂ける事になりますので、今からワクワクしています。

皆様からご指導も頂きながら、良いブランドに成長出来るよう頑張りたいと思っています。

 

 

 

前回(12月9日)のブログの続きです。

今回はベトナムの協力工場についてご紹介します。

協力工場は何社かありますが、

作る鞄の種類や素材、数量、納期などさまざまな条件によって、生産場所を選定しています。

 

 

今回ご紹介するのは、バイク用バッグ、カメラバッグ、EVA成型の縫製を得意としている工場さんです。

スタッフ数は約290名。

縫製ラインは合計4ライン(各45名)で日々生産中です!

S__25567239

 

シームテープ加工(縫製部分から水が入らないようにする処理です)も手慣れたものです。

S__25567237

 

縫製チームと検品梱包チームを区分けするために仕切りを付けています。

不良品はこの柵を越えて出荷に回らないようにしています。(右側が検品梱包チーム)

S__25567238

 

サンプル室も完備しており、約15名のスタッフがサンプル作りに携わっています。

素材はナイロン、ポリエステル、PVC、合成皮革など対応可能。

ここは2013年設立ですが、新しい工場らしく訪れる度に少しずつ進化しているので、これからが楽しみな工場さんです。

 

 

 

生産に対しての信頼はもちろんの事ですが、個人的お気に入りは寮母さんの作るお昼ご飯だったりもします(笑)

S__25583618

何度も訪れる海外出張ですので、

生産現場での突発的な問題点や、工場とのやり取りなど、頭を悩ます事もしばしばあります。((+_+))

ただ食に関しては毎回楽しみにしているので、出張後の体重増加は避けられません…。

 

 

 

 

 

2016/01/06 | TOPICS

ポストミシン導入!

こんにちは!

 

CONY ARCSの細川です!

 

今年も残すところ3日となりました。

 

毎年毎年同じ事を口にしていますが、1年が過ぎるのは本当にあっという間!

 

2015年振り返ってみると、大きな出来事としては、

 

コニーのオリジナルブランド”CREEZAN”が始動したことが記憶に新しいですね!

 

HPもガラッと一新し、

 

一緒に働く仲間も更に増えたり、

 

それに伴ってミシンの台数も増えたり、

 

改めて振り返ってみると、色々と変化のある年でした!

 

写真は今月導入したばかりのポストミシンです!

 

以前まで、アークスにはポストミシンがなかったので、来年からの活躍が楽しみです!

 

本社、アークス共に本日で仕事納め、年明けは1月5日からスタートです!

 

掃除もして、スッキリした状態で新たな年を迎えたいと思います。

 

今年もありがとうございました。

 

2016年もよろしくお願い致します!!

 

Processed with Rookie Cam

Processed with Rookie Cam

 

2015/12/28 | TOPICS

カメラバッグ!!

 

 

どうも!生産管理和田ですヾ(@~▽~@)ノ

 

 

 

最近はバタバタと仕事をしております。

 

 

 

海外生産の担当が多いのですが中国とベトナムの旧正月前までに出荷してほしい!というお客様が多く、

 

 

 

日本の年末年始もあるのでお客様と打ち合わせして工場へ指示することがたくさんあります。。。

 

 

 

そんな中、最近新たなジャンルのバッグの生産を担当することになりました!

 

 

 

それは「カメラバッグ」です。

 

 

 

今までカメラという物に特に興味がなく、、、カメラバッグ、、、奥が深いです

 

 

 

内側に仕切りを付けたり、ペフ芯を使用したり、特徴のある作り方をするものなんだなぁと思いながら打ち合わせしております。

 

 

 

担当しているカメラバッグの機能確認のためにデジイチを現在借りています。

 

 

 

このままカメラはじめようかなー

 

 

 

性格上、たぶんすぐに飽きそうです

 

 

 

image3

 

 

 

2015/12/18 | TOPICS

革にひと手間加えて高級感を

こんにちは ラボの宮嶌です。

 

 

 

年末は会社の大掃除があるのですが、

 

 

まとめてすべての掃除はできないので

 

 

毎日少しずつ片付けが始まっています。

 

 

 

今日はコバ塗りの話をしたいと思います(^^♪

 

 

 

革には様々な色の革があり、

 

 

 

黒 茶色 ナチュラルな色以外にも

 

 

青 白 黄色 そういった明るい色もあるんですよ~

 

 

 

でも断面は毛羽立っていたり 表面の色と違っていたり

 

 

 

このままでは革の繊維がボソボソに。。。。(゚ー゚;

 

 

Blog用1

 

 

他にも理由はありますが、

 

 

断面を綺麗に見せるために、コバ液を塗ります。

 

 

 

 

コバ液は革の色に合わせてメーカー作ってもらったり

 

 

 

自分たちで色をつくったり

 

 

 

 

すぐ同じ色ができるときもあれば できないときも。。。。

 

 

 

なかなか難しいんですよねー。゜゜(´□`。)°゜

 

 

 

 

 

デザインによってはコバ色を革の色とは違う色にしたり

 

 

 

 

コバ色を毎回同じ色で統一して革に塗ってるブランドもあるんです

 

 

 

 

Blog用2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに今回はサンプルでこんなカラフルな革を使用しました!

 

 

 

コバ色を塗った革の方が綺麗で高級感があるようにみえますよね!

 

 

 

次回はコバ塗の説明をしたいと思います

 

 

 

ではまた次回!ヾ(*^▽^*)oヾ(*^▽^*)oヾ(*^▽^*)o

 

 

 

2015/12/11 | TOPICS