TOPICS

刃型の改良で効率UP

母親が最近申し上げておりました。

 

 

豊岡の夏が終わると、冬だ!と・・・

 

 

ようこそ。

 

 

豊岡に冬がやってきました。

 

 

朝寒くて、何を着て行けばいいのかわかりません。

 

 

どーも、Aoneのナカムラです。

 

 

半袖で外回りをしていた季節が懐かしい限りです。

 

 

 

さて、本題に入ります。

 

 

本日も、なかなか伝わりにくい裁断の話をさせていただきます。

 

 

最近、弊社では生地の1枚抜きを行う機会が多くあります。

 

 

生地の裁断は、一般的に重ねて裁断を行うことが多いですが

 

 

柄のある裁断に関しては、縦横・上下・左右1枚ずつ柄に合わせて裁ちます。

 

 

1回の裁断で、10枚抜けるか1枚しか抜けないか・・・

 

 

作業時間に大きな差が生まれます。

 

 

というこで、今回1枚抜き用の刃型を改良しました。

 

刃型1

 

 

中央に5mmほどの隙間があります。

 

 

この幅が柄と平行の幅になっており、

 

 

1回のセットと1ショットで2枚抜くことができます。

 

 

セットに少し時間がかかりますが、概ね半分の作業時間となりました。

 

 

小さなパーツの場合には、今回のような刃型の改良を行うことがよくありますが

 

 

生地の裁断用に、改良することはあまりなく

 

 

刃型の製作を依頼しているメーカー様に感謝感謝でございます!!!

 

 

 

単純に考えると、「じゃあ、もっと刃型をつなげてみたら??」という考えにたどり着くかもしれませんが

 

 

 

生地の織り具合が斜めになっていたり、大きくなるとセットに時間がかかるため非効率になります。

 

 

 

いつでも柔軟な発想ができるようになりたいものです。

 

 

 

それでは、10月も寒さに負けずにがんばります!!!

2017/10/07| TOPICS