TOPICS

「 TOPICS 」 一覧

ポストミシン初挑戦!

 

こんにちは。CREEZAN 福西です。

 

年明けからAoneに部署が引越し、新たな環境になりました。

 

隣の部屋では、熊田さんの裁断と2本針のミシンの音がします。

 

2階からは、量産のダダダダーという勢いの良いミシンの音がします。

 

今までは自分達の音しかしなかったのが、いろんな人達の作業音を聞いて、

 

私もがんばらなければと思います。

 

そして、本日のメイン!ポストミシン!

 

ポストミシンはAoneにしかなく、ふれる機会がありませんでした。

 

今回初めて使いました。写真がポストミシンです。

 

立体的なものをつぶさずに縫製でき、平ミシンや腕ミシンでは縫製しにくい部分でも縫製する事が出来ます。

 

 

どのような押さえで縫製するか考えていると、アドバイスをいただきました。

 

写真を見ると中押え(右端)が接地していない事がわかります。

 

DSC_0179

 

この設定でも縫製は出来るのですが、んー…今ひとつ…。

 

そこで登場するのが、こちらです!

 

DSC_0180

 

これをドライバーで取り付けます。すると…、接地面ができました!

 

DSC_0184

 

縫製してみると、抜群に良い。

 

接地面が小さいなら足せば良い!この発想はありませんでした…。

 

まだまだ知らない事ばかりです。日々勉強!がんばります。

DSC_0187

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/02/16 | TOPICS

ハサミの研ぎ

こんにちは!

 

東京CONY ARCSの細川です。

 

豊岡も大雪で大変だったみたいですが、

 

東京も雪に慣れていない分、交通機関は大混乱でした。

 

3年前くらいの大雪では家に帰れず電車の中で一晩過ごしたり、

 

去年のちょうど今頃、豊岡に出張に行った時は東京に帰るのに10時間かかったりと、

 

あまり雪にはいい思い出がありません。笑

 

早く暖かくなってほしいです!!

 

 

さて、今日は久しぶりに道具のメンテナンスをしようと思い、

 

毎日使っている小バサミを研ぎました!

 

私の使っている小バサミは刃の部分がネジ式になっているため、

 

刃を外して、包丁を研ぐのと同じ要領で研ぐことができます。

 

まず、刃の表面を研いで、

 

包丁と同じように裏刃も研ぎます。

 

お安い小バサミですが、研いであげると抜群に切れ味が良くなるので、

 

充分長く使えるんです!

 

研いだ後に試しに糸をカットしてみましたが、

 

気持ちいいくらいにスパスパ切れました。

 

この状態を常にキープしないといけないですね。

 

愛着のある道具たち、大切にしたいと思います☺

 

BLOG

2018/02/09 | TOPICS

安全装置と火の加減

どうも!ラボの黒川です。

 

寒いですね….みなさんがお住まいの場所はどれぐらい寒いのでしょうか?

 

こちらは大雪によって路面がガタガタになったり、寒さで車のドアが開かないほど凍てついております……。

 

先日やっと雪が溶けかけてきたかと思ったにもかかわらず来週からまた寒波が訪れるそうです。困ったものです。

 

 

 

 

そんな寒さに屈しないよう、今回は熱い話題を提供したいと思います!

 

それは、製造部署で使わない日はないと言っていいほど頻繁に使用されています。

 

 

 

ライターです!!

 

 

縫製した後の糸を焼いて処理するために何度も使用されるライターですが、私の所属する製造部では少々工夫した使い方が求められるのです….!

 

現在とあるブランドの鞄を生産していますがとてもデリケートな素材を使用しているため、火の調節に気を配っています。

 

 

たとえば縫製後の糸であれば強火でさっとあぶり処理します。

 

 

 

IMG_E2554

 

 

 

 

 

 

 

しかし糸の近くにデリケートな素材が近いと素材ごと焼いてしまう可能性があります。

 

そういった場合は火加減を中火ほどに調節して瞬間的に焼きます。

 

 

一方、鞄の生産で縁を巻くために利用されるグログランテープを処理する際は火を強めにします。

 

 

 

IMG_E2553

弱い火を当てただけではテープ同士がくっつかず、すぐに剥がれてしまいます。

 

なのでこういった場合は強い火力で断面をさっと焼いて処理を行います。

 

 

その他にも小さな子供が火をつけられないようにライターの点火スイッチの中にはバネによる安全装置が入っていますが、生産時には火の処理によるスピードが落ちるため必要のない機能があります。

 

そのため、新品のライターを使用する前に目打ちなどで中のバネを取り外してから使う場合もあります。

 

 

 

細かなことですが、こうした小さなポイントも意識して作業を行うことによって最終的な仕上がりも変わってくるので、疎かにせずに気を配っていきたいです!!

 

2018/02/03 | TOPICS

生産管理 と ロジカルシンキング

どうも橋本です。

 

 

私事ですが、最近、勉強することにハマっております。

なにか「コレ」といったきっかけがあった訳ではありませんが、

知的好奇心が沸き、いろんなことを調べて学んでいる日々です。

 

せっかくだからこの感覚を、現職の生産管理に活かせるようなジャンルにフォーカスして

みました。

そこで印象に残った知識と得たきっかけを、このブログを読んでくれているあなたと共有させてください。

 

 

前置きが長くなりましたが、特に共有したいと浮かんできたのが「ロジカルシンキング」の能力です。

生産管理の主な業務は、お客様や取引先様とのやりとりが中心です。

特に弊社のようなOEM企業は、多種多様なニーズにあったカスタマイゼーションが重要だと

思っております。

そのため主観的な意見や、感情的な意見では、サプライチェーンのやり取りが円滑に進まない、、と思ったのが学んだきっかけです。

 

 

そもそも「ロジカルシンキング」とは何ぞや、というところですが、論理的思考という意味です。

情報を整理して、ロジックを組んで有効的な策を客観的に導き出すのですが、

正直このブログでは共有しきれません。詳しくはググッていただけたら幸いです。

 

 

私は学んだ中でも、特に「So What?」を繰り返すだけで要約メッセージを発見できる。ということが

単純でありながら発見でした。日本語は曖昧な表現になりやすいので、So What?(それでなにが言いたいの?)と自問自答すると余計なものが無くなりシンプルになります。

 

 

今は情報を整理しながらロジックを組んでますが、

慣れてくるとメールにできたり会話にできたりするそうです。

 

 

本当にこの好奇心やロジカルな感覚を学生時代に会得できたら良かったのに~

という後悔もありますが、いま気づくことができたとポジティブに捉えて、

生産管理能力や日常生活に生かしていきたいと思います。

 

 

 

ではまた来月に。

 

 

橋本

 

名称未設定-1

 

2018/01/26 | TOPICS

長繊維と短繊維

 

みなさん、こんにちは。

 

CREEZAN生産チームの福西です。

 

今年の豊岡はそれほど雪が積もっていません。

 

昨年は仕事前に除雪という、朝からハードワークでした。

 

このまま雪が積もらないことを祈ります。

 

さて、今日は『糸』についてお話します。

 

糸には、長繊維(フィラメント)糸、短繊維(スパン)糸があり、使い分けられています。

 

それぞれの特徴をご紹介します!

 

 

<長繊維>

光沢があり美しく、なめらかで丈夫です。

 

長く連続した繊維の事をいいます。一本の繊維は細い為、何本か束ねて適当な太さにし、撚りをかけ安定させます。

 

 

<短繊維>

毛羽がありソフトな風合いで、布なじみが良いです。

 

短い綿状の繊維の事を言います。原料となる短繊維は何本か束ねて長い糸状にします。

 

 

 

普段私達が使っているのは、長繊維のビニモの糸です。

 

鞄、財布、ベルト、靴など、皮革専用むけとして太番手を中心にしたミシン糸です。

 

又、最近では皮革以外にも洋服のステッチ、自動車、飛行機の内装など、幅広く使われているようです。

 

長繊維の為、手で引っ張った程度では切れません。

 

丈夫な鞄を作る為に、必要不可欠な「糸」について今回ご紹介しました。

 

IMG_4395

2018/01/19 | TOPICS

鞄の製造求人募集!

こんにちは!

 

東京CONY ARCSの細川です(^^)

 

2018年を迎えて、私もコニー入社5年目を迎えました。

 

入社当初は日々学ぶことに必死でしたが、

 

今はリーダーとして逆に教えていく立場。

 

今年は自分の成長を考えるだけでなく、

 

仲間と共に成長できる一年にしたいと決意しました。

 

あと、あまりイライラせずに大きな心を持てるように心がけたいです。笑

 

 

新年早々ですが、アークスでは一緒に働く仲間を募集しています!

 

検品業務、簡単な下作業が中心のパートさん。

 

または、縫製経験のある方で社員も募集しています。

 

アークスは20代30代の若い世代が活躍する職場です。

 

一緒に会社を盛り上げてくれる元気なあなた!

 

応募お待ちしております!

 

気になる方は下記までご連絡ください(^^)

 

東京加工場 CONY ARCS

TEL;03-6314-5779

 

image1

2018/01/12 | TOPICS

2018年とお引っ越し

新年明けましておめでとうございます。

 

平成30年となり、今年も前年度以上に頑張っていきたいと思っております!

 

どうも厄年で年男の黒川です。

 

 

 

 

 

 

早いものでこの会社に勤務してから約8ヶ月が経ちました。

 

まだまだ覚えなければならないこと、力をつけていかなければならない事はたくさんありますが、少しずつ1日の生産の流れを読み取ることができるようになってきました。

 

入社した当時は指示されたことに精一杯で、ついていくのがやっと・・・という状況がよくありましたが、最近になって自分で考えながら生産を行う余裕も多少なりとも身に付いてきたかなと実感しております。

 

今年度からは自発的に動き、自分自身のやることに自信をもって取り組んでいきたいです!

 

 

 

そして今年度から生産現場も大きく変わります。

 

今まで私の所属する生産チームは本社から離れた位置に存在するcony Aone内で勤務していましたが、規模の拡大も伴って本社2階の作業場を使って生産する事になりました。

 

年末の大掃除の際に道具や機材をまるまる運び、新しい配置も済ませ、昨日から新しいスタートを切りました。

 

 

 

 

私にとっては「再びこの場所に戻ってきた」という感覚を強く感じております。

 

入社してからの5ヶ月間この場所で初めて仕事をし、多くの事を学ぶきっかけになったからです。

 

道具の使い方から鞄の基礎など様々な経験をし、そしてその分だけ失敗もしました。

 

何度もミスをし、時には涙することもありました。悔しい思いもたくさんしました。

 

 

改めて、今年度から巻き返してみせます。

 

もうあの頃のようなミスをゼロに出来るように。同じ場所でも自分自身は変わるように。

 

そういったことを意識しながら、購入して頂いたお客様が「買ってよかった」と思えるような物作りを目指していきたいと思っておりますのでよろしくお願い致します!

 

 

 

IMG_E2478

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/01/06 | TOPICS

「鞄の産地」豊岡で若者が生産を管理しながら頑張った件

どうも橋本です。
 
 
 
今年は生産管理を主に担当しながら、様々なことを経験し携わることができた1年。
ざっくりとですがまとめると上記のような感じです。
 
年末ということで自分で単語を1つ上げるならば「余裕」です。
決して「余裕」な1年だったという訳ではなく、「余裕」の大事さを知ったというような意味合いです。
 
余裕を持つことって生きる上で良いこと、大事なことだと言われていますよね。
余裕を持って準備するとか、お金に余裕を持つとか、余裕を持った男は格好良いみたいな。
私は現状、余裕を持っているとは言えませんが、余裕を持ちたいという意識をもって行動には移せています。
 
ふと、「余裕の持ち方」について調べていく内に対義語は何か。ということを思いました。
検索してみると答えは様々ですが、一番しっくり来たのは「切迫」でした。
そこで疑問なのですが、切迫感を持って準備する、お金に切迫感を持つ、これらは果たして良くないのでしょうか。
捉え方にもよりますが、切迫もとても大事だと思いました。むしろ私は余裕よりも切迫の方が重要で、格好良いとさえ思います。「切迫感を持った男。」格好良いですよね。
 
要するにその物事に対する姿勢や過程の問題だと思ってます。
切迫感を持ったことによって余裕が生まれるし、余裕を持ったことによって失敗に繋がったり。まあ今のは極端な例ですけど。でも今言った例って物事の真理ですよね。
他にも応用が利くと思います。必ずしもイコールで切迫が余裕に繋がる訳じゃありませんが、そう考えると言葉って凄い面白いですよね。ただ表面的に言葉を受け取るだけじゃ本質は分からないなってすごい感じました。
 
携わった様々なことの中でも、先日の忘年会は幹事を経験しとても勉強になりました。
 
横断幕を描いたことがとても印象に残っております。
 
 
来年は「余裕」と「切迫感」の双方を持って頑張りたいと思います。
 
ではまた来年に。
 
 
橋本 
 
 
Image_f67b16d
 

2017/12/22 | TOPICS

コニー株式会社大忘年会2017

 

こんにちは!

 

ラボラトリーの福西です。

 

今年も残り僅かですね。みなさんにとってどのような年だったでしょうか?

 

この時期に毎年やってくるのは…

 

そう、忘年会!

 

今年も行われました、コニー株式会社大忘年会2017!!

 

image

 

今年は、城崎に直営店のCREEZANもオープンし、新しいメンバーも沢山加わりました。

 

直営店が出来た事で、お客様の生の声が聞け、作り手としては嬉しい限りです。

 

毎年恒例となっている、新入社員の一発芸では、モノマネ、バイオリン、ギター、歌と、大変盛り上がりました。

 

クオリティが高く、今年は勢いが違う!と絶賛の嵐。

 

これからの活躍が今から楽しみです。

 

弊社のホームページにも書かれていますが、

 

「個性豊かなメンバーが揃う中、チームとし

てまとまったときに絶妙なハーモニーを奏で

るオーケストラのような会社」

 

まさにその通りだなと忘年会の中思いました。

 

 

来年もチーム一丸となって、より良い物作りを目指し、頑張っていきたいと思います。

 

 

2017/12/15 | TOPICS

TOKYO LEATHER FAIR

こんにちは!

 

東京CONY ARCSの細川です(^^)

 

12月6.7日の2日間、東京レザーフェアが開催されていました!

 

2018-19秋冬コレクションです!

 

学生の頃はファッションショーで参加させて頂いたり、

 

自分たちが作ったものがショーとして作品になると

 

達成感と充実感で楽しかったな~と思いだします。

 

社会人になってから見るレザーフェアはまた全然違う感覚ですが、

 

やはり素材を見て触れることは楽しいものです。

 

しかし、残念ながら今回私は行けず・・・

 

なので、行った社員に話を聞いたり、資料を見せて頂きました!

 

黒桟革という漆塗りの技法を使った革を見せてもらいましたが、

 

日本の伝統が革の技法にも落とし込まれるのか

 

と可能性は無限大だと思いました!

 

私はまだまだ頭が固いようです。

 

また革以外にも蛍光色の塗料や、

 

カラー配合をスマホを通じて作れる塗料など、

 

現代的な材料が出てきていてとても興味を持ちました!

 

次回のシーズンではどんな新しいものが出てくるのか楽しみです!

 

image1

2017/12/08 | TOPICS