TOPICS

生地の特性

こんにちは!CREEZAN 福西です。

気温も上がり、半袖で作業する社員もちらほら。

ゴールデンウィークでスタートした今月も早いものでもう後半。頑張っていきましょう!

さて、今回は生地を扱う中で感じた難しさについてご紹介します。

生地といっても、かなりの種類があります。

鞄の外装と内装でも違う種類の生地を使います。

1番難しいと感じたのは、伸びる生地と伸びない生地を2枚縫い合わせる縫製でした。

ミシンで1番大切なのは、その生地の特性を考え設定を出す事です。

伸びる生地は送る力を弱くし、逆に伸びない生地は送る力を強くする。

このバランスがとても難しいです。

けれど、この設定をきちんとしておく事で、クオリティはもちろん、スピードアップもはかれます。

生地の特性を見抜き、ミシンの設定を早く出せるよう、日々試行錯誤していきたいと思います。

F4F74647-62DD-4538-9222-4F29E6D7F448

2019/05/17 最終更新日:2019/05/19| TOPICS