TOPICS

釜について

エアコンに頼りながら生活をする日々が

続いております。

どーも、ナカムラです。

 

今回は、ミシンの釜についてお話させていただこうと思います。

先日、縫製の外注さんのミシンの調子が悪いとのことで

ミシン屋さんに依頼して修理に同行しました。

弊社の生産メンバーはある程度のミシンの設定や簡単な修理はできますが

原因がわからないときはミシン屋さんに修理してもらいます。

大抵の場合、その日のうちに修理してもらえるのでかなり心強いです。

 

今回の修理の原因は、長年使った釜が摩耗によりすり減ったことで

縫製の際に、糸を釜先が拾いにくくなり

目とびや半掛けの状態になり、縫製不良となっていました。

(文章で説明することがとても難しいですが・・・・・)

 

簡単に表現しみますと、ミシンで縫製する際に

釜にガタつきがあることで、下糸をすくいあげにくくなっている

現象です。

 

釜を交換したことはありますが、修理箇所を見つけることが

難しいので、色々な経験を積むことが大切ですね。

釜

2020/09/11| TOPICS