TOPICS

新入社員目線で見た生産管理

どうも橋本です。

 

 

先月まで本社2階ラボラトリーにて、製造のお仕事をしておりましたが、

 

タイトルにある通り、縁あって生産管理の配属となりました。

 

 

 

私の初めてのブログ記事で弊社は、

 

「新人に多くのチャンスを与えてくれる会社です。」

 

と記載しておりました。

 

 

今回の配属がその言葉の証拠になったのではないかと思います。

 

 

 

 

私事はこの辺にしておいて、

 

4月は新入社員の季節ですね。

 

 

 

私も生産管理においては新入社員なので、

 

新入社員目線での生産管理を書かせてください。

 

 

 

まず主観では、生産管理の仕事は目的ではなく、

 

生産する為の手段なんだと感じました。

 

 

 

目的?手段?とお思いかもしれません。

 

 

 

 

それは「生産管理」をすることが目的というよりも、

 

「お客様のお仕事」と「生産する工場」を円滑につなぎ生産を回す、

 

言わば「潤滑油」になることが目的なんだと思ったからです。

 

 

 

その円滑につなぐ為に、材料、生産の手配、納期の設定という

 

手段が必要なんだと思いました。

 

 

 

そして難しいのが、お客様も工場もそれぞれ違い

 

「決まった正解」が無いということ。

 

 

どの仕事でも臨機応変な対応は必要ですが、

 

生産管理はほぼ全て臨機応変です。

 

 

 

私自身、まだ担当のブランドを引き継いでいる途中なので、詳しい業務は分かりませんが、

 

その場その場で考えて「潤滑油」になれるよう頑張りたいと思います。

 

 

 

下の写真は私のデスクです。

 

 

 

殺風景でなにもありませんが、

 

 

これから先、ものや書類で溢れてくのでしょう。

 

橋本

WIN_20170421_12_00_19_Pro

2017/04/21| TOPICS

  • 2024年2月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829