TOPICS

長繊維と短繊維

 

みなさん、こんにちは。

 

CREEZAN生産チームの福西です。

 

今年の豊岡はそれほど雪が積もっていません。

 

昨年は仕事前に除雪という、朝からハードワークでした。

 

このまま雪が積もらないことを祈ります。

 

さて、今日は『糸』についてお話します。

 

糸には、長繊維(フィラメント)糸、短繊維(スパン)糸があり、使い分けられています。

 

それぞれの特徴をご紹介します!

 

 

<長繊維>

光沢があり美しく、なめらかで丈夫です。

 

長く連続した繊維の事をいいます。一本の繊維は細い為、何本か束ねて適当な太さにし、撚りをかけ安定させます。

 

 

<短繊維>

毛羽がありソフトな風合いで、布なじみが良いです。

 

短い綿状の繊維の事を言います。原料となる短繊維は何本か束ねて長い糸状にします。

 

 

 

普段私達が使っているのは、長繊維のビニモの糸です。

 

鞄、財布、ベルト、靴など、皮革専用むけとして太番手を中心にしたミシン糸です。

 

又、最近では皮革以外にも洋服のステッチ、自動車、飛行機の内装など、幅広く使われているようです。

 

長繊維の為、手で引っ張った程度では切れません。

 

丈夫な鞄を作る為に、必要不可欠な「糸」について今回ご紹介しました。

 

IMG_4395

2018/01/19 最終更新日:2018/01/22| TOPICS

  • 2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930