TOPICS

ミシンの音

こんにちは、CREEZAN 福西です!

ジメジメとした梅雨も明け、豊岡にも夏がやってきました!
熱中症にならないように、水分補給はこまめにしたいところです!
さて、今回の題名でもある「ミシンの音」!
私が鞄作りを始めて、意外にも大切だと思った事、それは聴覚でした。
始めの頃は全く分からなかったのですが、ミシンからいつもと違う音がすると、すぐに気がつくようになりました。
ミシンの不調はもちろんですが、その他にもミシンが発する音があります。
1つあげると、下糸の減り具合を知らせる音です。
糸が少なくなると、少し高い音がします。
1B6FDB67-35F3-4F9A-BE67-39E77A1DD696
正直なところ、入社当時は注意して耳を澄ましていても全くわかりませんでした…。
この音が分かると、下糸が無くなり、針穴だけあいてしまうという事がありません。
針穴を後からひろう事は出来ますが、リスクがあり、材料を無駄にしてしまう事もあります。
この音に気付く事が出来れば、そんなリスクがありません。
今では、無意識にその音が耳に入ってきます。
縫製に集中している時でも、いつもと違う音を察知出来るようでありたいです。

2018/07/13 最終更新日:2018/07/14| TOPICS