TOPICS

混入阻止と駆除予防

どうも、本社生産の黒川です。

 

一気に寒くなってきましたね……そろそろ本格的に冬支度をする季節になってきそうです。

 

 

 

 

冬の寒さと言えばこの季節の生産で頭を悩ませている物があります……………..カメムシです。

 

 

毎年豊岡では10月〜12月にかけて大発生するらしく、先週だけでも何度も目撃しています。

 

 

そのカメムシが生産中、どこからともなく入ってきて蛍光灯のまわりを飛び回るので非常に気が散ってしょうがありません……

 

 

暖かい場所を好む彼らは例え窓を閉め切っていたとしても、2mmほどの隙間があれば簡単に侵入できるそうです。

 

 

 

 

 

 

これがクモやハチなどの虫であればその場で駆除出来るのですが、カメムシだとそうはいきません。

 

みなさん知っての通り、下手に刺激してしまうと悪臭を伴う分泌液を出してくるので生地物の鞄にとってこれほど危険なことはありません。

 

 

もし仮に臭いが商品につけば下手をすると出荷前に不良品になってしまう可能性もあります。

 

 

最も恐ろしいのが鞄の中に入ったまま納品してしまう可能性です。

 

 

基本的には納品前に最終検品を行い異物混入がないかしっかりと検品をするため、まず中に入ることはありませんが注意が必要です。

 

 

 

 

地元の方々はもう慣れている人も多く、見つけるとガムテープでくっつけてそのままたたんでゴミ箱に捨てるという、なんともシンプルなやり方で対策していました。

 

 

案外この方法は殺虫スプレーよりも分泌液を出さずに処理できるので今では私も実践しています笑

 

 

その他には会社の窓際や壁に殺虫剤を撒いて未然に侵入するのを防ぐ対策も効果的です!

 

 

 

 

こういった小さな昆虫でも製造メーカーの業界では注意しなければならない対象なのできちんと防いでいきたいと思います!

 

 

ではまた次回に。

 

IMG_3288

 

 

 

 

 

 

2018/11/03 最終更新日:2018/11/10| TOPICS