TOPICS

仲間なんだから…!

鞄の生地の裁断物


 

こんにちは。生産部で裁断を担当している谷渕です。

 

裁断に部署が変わってから5ヶ月あまり。昔やっていたことを思い出しながら日々奮闘中です。

 

先日の事ですが、弊社オリジナルバックの裁断をしていました。はじめての裁断で抜型の変更などもあり、加工に出す時間が迫る中焦っていたところ、社員とパートの方が、色の仕分けや数を数えるために手伝いに来てくれました。少し遅れてしまいましたが、裁断物は無事加工に出されました。お昼休みにそのパートさんに「さっきはありがとう。助かりました。わざわざ来てもらってごめんなさいね。」と私が言うと、「そんな事気にしなくていいですよ。だって、仲間なんだから!」と言ってくれてとてもうれしく思いました。年齢、社員、パートなどは関係なく、同じ目標に向かって日々頑張っている仲間なんだと改めて感じました。

 

そしてもう一人。裁断では私ともう一人パートさんとで取り組んでいます。私は目が不自由なのですが、そのパートさんはいつもさりげなく私をサポートしてくれています。最強で最高のバディです。

 

おかげさまで、裁断の仕事はほぼ切れることなく、忙しくさせていただいています。

でも今年は世界中の人々が、経験したことのない状況に晒されました。一か月余りの自粛生活だけで経済の脆弱さが露わになり、マスクやトイレットペーパーの買い占め、感染者への誹謗中傷など人間の醜さも露呈しました。一刻も早くワクチンが開発され、この一連の騒動が終息することを切に祈るばかりです。

2020/12/11| TOPICS