TOPICS

縫製工場 ~ ベトナム編(2)~

新年明けましておめでとうございます。

 

本社生産管理の関岡です。

 

 

コニーも昨日より今年の業務スタートです。

昨年は当社ブランド「CREEZAN」のお披露目をする事が出来、一歩踏み出せた年になりました。

今年は「CREEZAN」を実際にお客様に使用して頂ける事になりますので、今からワクワクしています。

皆様からご指導も頂きながら、良いブランドに成長出来るよう頑張りたいと思っています。

 

 

 

前回(12月9日)のブログの続きです。

今回はベトナムの協力工場についてご紹介します。

協力工場は何社かありますが、

作る鞄の種類や素材、数量、納期などさまざまな条件によって、生産場所を選定しています。

 

 

今回ご紹介するのは、バイク用バッグ、カメラバッグ、EVA成型の縫製を得意としている工場さんです。

スタッフ数は約290名。

縫製ラインは合計4ライン(各45名)で日々生産中です!

S__25567239

 

シームテープ加工(縫製部分から水が入らないようにする処理です)も手慣れたものです。

S__25567237

 

縫製チームと検品梱包チームを区分けするために仕切りを付けています。

不良品はこの柵を越えて出荷に回らないようにしています。(右側が検品梱包チーム)

S__25567238

 

サンプル室も完備しており、約15名のスタッフがサンプル作りに携わっています。

素材はナイロン、ポリエステル、PVC、合成皮革など対応可能。

ここは2013年設立ですが、新しい工場らしく訪れる度に少しずつ進化しているので、これからが楽しみな工場さんです。

 

 

 

生産に対しての信頼はもちろんの事ですが、個人的お気に入りは寮母さんの作るお昼ご飯だったりもします(笑)

S__25583618

何度も訪れる海外出張ですので、

生産現場での突発的な問題点や、工場とのやり取りなど、頭を悩ます事もしばしばあります。((+_+))

ただ食に関しては毎回楽しみにしているので、出張後の体重増加は避けられません…。

 

 

 

 

 

2016/01/06 最終更新日:2017/12/22| TOPICS