TOPICS

淡路玉

2021年の今年も、もう12月半ばとなりました。

12月は師走と言われる様に、何もかもが慌ただしく忙しく

休日には車の多さに圧倒されます。

あと20日程で 2022年の新年を迎える訳ですが、

本当に日々の速さを痛感します。

2021年 皆さんはどんな一年でしたか?

 

私は職人技と言うのが好きです。

また、職人技を見ると立ち止まって見入ってしまうことも有ります。

テレビでも色々放映してますが、

工芸品や食品関係等々、職人さんの凄さを見ると感動さえ覚えます。

そんな職人さん達はモノを作るに当たり

どの様にしたら効率が良いか、どの様すれば良いモノが出来るか否か

瞬時に考えて作業されているのだと思います。(つまり身体が動く???)

 

先日 ポシェット等の飾り止めの “淡路玉”と言う、紐を徐々に萎めて作る“タマ”を作りました。

とても根気のいる作業で、また誰がこんな形のタマを考案されたのかと思いながら作りました。

暇にまかせて作るのは出来るとは思いますが、

生産となると時間、工賃等々 簡単ではないと思います。

機会が有ればそんな作業風景を見てみたく思います。

 

いくつになっても勉強と言われますが、

そんな気持ちを持ち続けることが若さの秘訣かもしれませんね。。。

 

さぁ、来年はその気持ちを忘れず前進出来ればと思います。

少し早いですが、皆さん良いお年を!!

 

 

    気持ちだけは若い 福井でした。淡路玉

2021/12/10| TOPICS