TOPICS

CREEZAN城崎本店

こんにちは。

生産部の高﨑です。

今日は、先日CREEZAN城崎本店で店員として立たせていただいて、感じたことを書いてみようと思います。

【※まず、CREEZAN城崎本店とは、私たちがつくっているCREEZAN商品の直営店になります。そして、カフェも併設しております。(ハンバーガーが美味!!)】

私は普段、生産部の一員として、ものづくりに勤しんでいます。

ただ、ひたすらに手を動かし、綺麗に正確に仕上げるために、納期に間に合わせるために、商品をつくっています。

しかし先日お店を手伝う機会をいただきました。

実際にお客様が商品を手にとって見たり、購入しているところを見るのは初めてで、なんだか、すごく、感動しました。

商品を「可愛いね」と言ってくださったり、どちらを購入しようか鏡で見比べながら楽しそうにお買い物をされていたり。

私たちがつくった商品に興味をもってくれていることが嬉しかったのです。

あるお客様は、私がつくり手であることをお話しすると、「私も旅行先でこれをつくったんですよ」と素敵な小銭入れを見せてくださいました。

その方は簡単なものですけどねと謙遜されていましたが、表情はとても生き生きされていたのが印象的でした。

ものを買う(選ぶ)基準は金額だけではないはずです。

可愛い!格好いい!と感じたフィーリングや、今時で言えばサスティナブルだったり、商品の伝統、由縁に惹かれる人もいるでしょう。

ただ、その中につくり手の情熱が少しでも加味されたら、本望だなと思いました。

(職人としては傲慢かもしれませんが、、、)

そのお客様の小銭入れも、旅先の思い出が詰まったからこそ、大切なものになったのでしょうね。

実はCREEZAN城崎本店のコンセプトも「旅」です。

お店がある城崎は日本各地、海外からも観光に訪れる温泉街。

その思い出、記憶の片隅に残るようなお店や鞄をつくっていきたいです。

そのために私自身はつくり手として、精進していくことを改めて強く思いました。

2023/09/22| TOPICS

  • 2024年4月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930