TOPICS

「 TOPICS 」 一覧

こんにちは!

3ヶ月ぶりくらいの登場です!
岸田です!
最近は医療用ガウンの縫製をしたりカバンの縫製をしたりと、とても充実した毎日を送っています。

防護服を来て消毒液を持った人のイラスト

 

 

台風10号が来ていますが、皆さんが住んでいる地域は大丈夫でしょうか、、、心配です、、
コロナだったり台風だったり色々大変な時ですが大変な時こそみんなで協力して行けたらいいなと思います!

台風のイラスト(自然災害)

 

 

それではまた!3ヶ月後に!

2020/09/04 | TOPICS

秋が待ち遠しい

こんにちは。
出荷・検品部の立脇です。

新型コロナの収束も見えない状況が続いていますが、緊急事態宣言解除や自粛解除で百貨店のpop-upなども再開して少しずつでも平常に戻りつつあるのかなーと感じています。

さて、お盆も終わり2週間経ちますが、毎日35℃を超える暑さに寝不足も重なり疲れが取れません。それでも日に日に日が短くなって朝晩の風が心地いいときには季節が進んでいるのを感じます。

田んぼでは稲穂が色づいてきて、豊岡では早い品種の出荷が始まりました。我が家でも稲刈りの準備を進めなければなりません。

早く涼しくなって、美味しいものを食べたい・・・秋が待ち遠しです。

 

thumbnail_IMG_1932

 

2020/08/28 | TOPICS

内職について

こんにちは。

itten事業部、イナバです。

 

さて!今回は内職仕事について書いていこうと思います。

 

財布の工程は、物自体は小さいのですが工程は100以上もあり、それをすべて社内でする・・・となると膨大な時間とたくさんの人数が必要になります。

 

そこで欠かせないのが自宅で財布づくりの仕事をしてくれる内職さんという存在です。

 

 

子育てをしていて家にいなくちゃいけない!

 

自宅で仕事をしたい!

 

夜の空いた時間でお金を稼ぎたい!

 

とりあえず暇だからやるか!

 

 

などなど皆さん様々な理由で内職をしてくださっています。

 

内容ととしては生地を貼り合わせる作業や、両面テープを貼る作業、裏地を組み立てる作業、のりを塗る作業・・・・

と、約40種類ほどの内職があります。

 

そして基本的に財布の生産の流れとしては 内職→社内仕事→内職→社内仕事・・・の繰り返しで

内職さんとの連携ありきで成り立っています。

 

生産の流れもありこちらの都合で急ぎでお願いすることも多々ありますが、いつも快く引き受けてくださり本当に助けてもらってばかりです。

 

皆さん元々鞄づくりやモノづくりは未経験の方がほぼですが、

細かい作業や手を動かす作業が嫌いではない(と思いたい)方ばかりでいつもとても綺麗に仕上げてくれるため、安心と信頼の元仕事を依頼出来ています。

 

 

こうして支えてくださる方々が社外にもたくさんいて生産は成り立っていて、

そのお陰で頑張ろうという気持ちになる自分もいます。

 

 

とにかく内職の皆さんいつもありがとうございます!!と感謝してもしきれません。

月曜日からまた頑張ります!それでは!

 

itsumoarigatou_title2

 

 

 

 

 

 

2020/08/21 | TOPICS

おたちだい?!


生産部の谷渕です。社内異動で7月から裁断担当になりました。 おもに鞄の内装や付属物を裁断しています。最初は、刃型で抜くだけで簡単な作業だとタカを括っていましたが、生地によって抜きやすさもさまざまで、刃型の高さによって圧盤の高さを変更したり、生地の重ねる枚数、気温によっては伸縮する素材を荒裁ちをして一日寝かすなど、微妙な調整をしないときれいに裁断できません。きれいに裁断されないと生産の時も影響が出てしまいます。裁断といっても奥が深いと痛感している今日この頃です。

画像はプレス(裁断機)の写真です。私はいつもこのプレスの下側の『おたちだい』に上がって裁断しています。プレスの裁断位置が高いためこの台に乗らないとうまく裁断できません。この台は『お立ち台』であり『お裁ち台』なのです。


 

断裁機の画像


◆ ULTIMATE ◆

弊社オリジナルブランドBag、ULTIMATE RUCK M-2がドラマに起用されました!

木曜ドラマ未解決の女 警視庁文書捜査官Season2で、主演の波留さんが外出する時は必ず背負って捜査に出かけています。

ぜひチェックしてみてください!!

 

未解決の女公式HPはこちら

未解決の女 波留のリュックのご紹介はこちら

ULTIMATE RUCK M-2こちら

2020/08/14 | TOPICS

お盆休み

こんにちわ!出荷の珍坂です。

もう梅雨が明け毎日蒸し暑い日が続きますが元気にやってます。
さて、早い所だと今日からお盆休みに入る所もあるかと思いますがコニーは部署によっては9日から16日まで休みに入ります。
いつもならこんなに休みがあったらどこかに出かけようかなと思いますがまだコロナが落ち着かずにどんどんとまた広がってきてる状況なので今年はどこにも遠くに行けないかなと思います…
行けない分近くでいっぱい遊んで楽しんで、また17日からしっかり働きたいと思います♪
3E63355D-7C79-4E25-819C-15DA7AC55E25

2020/08/08 | TOPICS

初心者

こんにちは。
Aone事業部、高﨑です。

前回のブログ投稿時は検品をしていましたが、現在は縫製メンバーとしてミシンを踏んでおります!
とはいえ、始めてまだ2ヶ月の初心者です…。

私が所属しているチームはベテランさんばかりで、知識と経験が豊富です。
わからないことや、苦戦している時は「なるほど!」と思える的確でわかりやすい答えをもらえ、周りから聞こえてくるミシンの音もリズミカルで勢いがあり、良いプレッシャーを感じられます。
扱っている商品も種類が多く、様々な縫いを経験できるので、良い環境で学ばさせてもらっているなと常々感謝しています。

縫製技術を習得する上で大切なことは、相棒であるミシンの声をきくことです。
縫いにくそうにしているな、とか、ちょっと調子悪いな、と察知してあげることです。
押さえや送り刃など、数ミリ設定を変えるだけで劇的に縫いやすくなります。初めてそれを体感したときは感動しました。

ただ縫うだけなら誰にでもできる。
ミシンをどれだけベストな状態に設定できるか。それができてこそ技術者。
信頼している先輩からのお言葉です。
私がいつか教える立場に立ったら、まずこれを教えたいです。ドヤ顔で。笑

技術者になれるように、相棒と、仲間と、一緒に頑張ります!
平ミシン

2020/08/01 | TOPICS

送別会

こんにちは (^^)/
二回目登場、福井です。
実は今週7月20日付で長年勤務されたお二人が退職されました。
コニーでは古株の方達で、大変お世話になりました。(特に私は!?)
私が入社した当時は社員数も少なく、中国、ベトナムから商品の入ったコンテナ(20フィート、40フィート)が入って来た時もその少ない人数で頑張って荷物を搬入、搬出しました。
特に夏の暑い時はコンテナの中はサウナ状態、汗ブルブルかきながら着替えが必要なくらい全身汗まみれの作業でした。人数が少ない分大変でしたが、その分団結は有ったのかな・・・と思います。

またその当時コニーには生産部はなく、生産は主に外注(メーカー)さんでした。
納期に間に合わせるためにメーカーさんまで取りに行ったり、生産のお手伝いをしたり、
そのお蔭で無事納品出来た事が何回もあります。
その時はとても大変でしたが、今となってはとても思い出深いものが有ります。

で・・・退職されたその日にお二人の送別会が有りました。
とても盛り上がり別れを惜しみつつも楽しい会でした。
これからは少しゆっくりされて大好きな趣味や温泉三昧して頂きたいなと思います。
本当に長いことお疲れ様でした。
そして有り難うございました。

IMG_0016

2020/07/22 | TOPICS

CPミシンの魅力

今年の梅雨は本当に梅雨らしい日が続きますね…
豊岡に住んで6年ほど経ちますが、この時期の豊岡はとても蒸し暑く
未だに体が慣れません。

どうも、Aone事業部の藤村です。

前回CPミシンについて投稿しましたが、今回はその魅力について話していきたいと思います。
当社ブランド、CREEZANの生産においてもCPミシンを使用しパーツ縫製を行うのですが、
CPミシンの縫製はカバンの良さをぐっと引き上げてくれます。

ピッチがバラついていたり、ステッチが蛇行していたり、細かな部分でも目に付くと
気になりますよね。
(作り手の私たちは、かなり気になります^^;)
設定は少し大変ですが、そういった所を正確に縫製してくれるのがCPミシンの魅力の一つかなと思います。

今後も質の良いカバン作り、頑張ります。

ではまた。

JETTER

2020/07/17 | TOPICS

プレス機

お久しぶりです。 生産部LABOの野村です。

今日はLABOで使っているプレス機を紹介します。

プレス機

このプレス機は主にカシメやハトメなどの金具を打ち込むのに使っています。
金具の種類によって合う打ちコマをセットし打ち込みの高さを調節してから打ち込みしていきます。
金具に傷が付かないように、はく離紙や補強テープなどを貼り生産を進めています。
また機械全体にプチプチを巻いて鞄自体にも傷が付かないように注意しています。

電源を入れると電動で動き、足元のペダルを踏むと動く仕組みになっています。
ハンドプレスと違い打ち込む際に、鞄を両手で持てるため安定した状態で打ち込みができます。
一度高さ調節してしまえば打ち込みにプレもなく効率よく進めれる為、生産では大活躍しています。
これからも生産に必要な機械なので大事に取り扱っていきたいです。

では、また。

2020/07/10 | TOPICS

生地の勉強会

こんにちは。
OEM事業部の川村です。
梅雨の時期で、ジメジメして過ごしづらい日々が続きますね。
さて、先日社内で生地の勉強会があり、豊岡にある生地屋さんから講師としてお一人来ていただき、約2時間ほど生地の授業を受けました。
生地の基本的な織や素材など一から説明を受け、生地に関してある程度わかっていた気でしたが復習になり、まだ知らなかった裏加工等の知識が身につきました。
終わった後には勉強会の内容を踏まえた小テストがあり、実際の学校の授業のようでした。
鞄の生産を行っていますが、鞄の知識だけじゃなく生地等の資材の知識も生産管理には必要になります。空いている時間などに革や金具、ファスナー等の勉強も個人的に行いたいです。

ではまた。
97155051-98C1-46B7-936C-93E566D119A6

2020/07/03 | TOPICS