TOPICS

「 TOPICS 」 一覧

COM

こんにちは。Aone事業部の高﨑です。

 

去年からコンピューターミシン(COM)を踏むことが多くなりました。

縫製前の簡単な設定や、糸調子、押さえの調節はできるようになってきました。

最近では縫っていると、なんだか縫いが安定しないな…と微妙な違和感に気づくようになりました。

そんな時は、押えの高さや圧力、ストローク等を調整します。

散々いじっても良くならず、コンピューターミシンの先生にみてもらうと、

糸の通し方が違っていた、という初歩的な原因だったこともあります。

恥ずかし…。

 

そう考えると、以前踏んでいた平ミシンと似ているな~と思います。

平ミシンも押さえ等の絶妙なバランスで格段に縫製しやすくなりますし、綺麗にあがります。

 

やはり、技術をあげていくには、たくさんミシンを踏んで経験値を上げていかないといけません。

新しい商品の生産も始まったので、はじめての縫製にもどんどん挑戦していきたいです。

IMG_0137

2021/08/20 | TOPICS

アンコVSあんこ

こんにちは (^^)/

4回目登場の福井です。

 

8月も立秋を過ぎ、お盆も目前になりました。

TOKYO 2020 オリンピックも無事終わりました。

開催の是非は有るかと思いますが、

アスリートの方達の日頃の鍛錬を思うと私は開催されて良かったと思います。

コロナ禍で暗いニュースの多い中、元気をいっぱいもらった様に思います。

 

アスリートの方もどんな方も使用されている鞄ですが、

購入する時に店頭では見栄えが良い様に形を整えて展示して有るかと思います。(特
に良い鞄になる程)

また製品を送る時にも型崩れしない様に “アンコ” を入れて納品する事もありま
す。

実はこの “アンコ” ですが、たかがアンコ、されどアンコでとても大切な役割が
あります。

普通 “アンコ” と聞くと、小豆のあんこを思い浮かべます。

確かに私はとても好きですが。。。 (^^;)

普段見慣れない人には、鞄にあんこ? と思われるかもしれませ–んが

かばんの形状を維持するのに不可欠なモノです。

弊社CREEZAN商品は革の鞄が多いですが、革になればなる程 アンコがとても
重要になってきます。

そんな事も気に掛けて頂きながら鞄を見て頂けると“アンコ職人!?” としては嬉しいです。
IMG_0002IMG_0001

2021/08/11 | TOPICS

コンピュータ仕事

 

猛暑の毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

どうも、Aone事業部の藤村です。

 

さて、今回もコンピュータミシンを使った縫製を紹介していこうかなと思います。

 

今回紹介するのは、itten-ittenシリーズのレザーミニショルダーに付属しているSDベルト縫製です。

タイプにもよりますが、ベルト縫製にはコンピュータミシンを使用することが多く、作業時間もかなり短縮できます。

 

工程を紹介しますと・・・

①長いベルト、短いベルトをそれぞれ金具に通し、三つ折りにして四角ステッチを入れたものを作ります。

IMG_0857 

② 縫えた2本のベルトを組み合わせて、最後にベルト先を革で挟み四角ステッチを入れて完成です。

IMG_0858

 

まさにコンピュータミシン仕事といった感じで、クオリティの安定と時間短縮で一石二鳥になっています。

 

ミシンの特徴を理解して有効活用することで、生産性がぐっと上がるような気がしますね。

 

まだまだ暑い日が続きます。

夏バテしないよう体調管理に気をつけていきましょう!

 

では。

 

 

2021/08/06 | TOPICS

業務日報

 

こんにちは、生産部の野村です。

梅雨も明けて本格的な暑さが続いてますね。

今回はうちの部署で書いている業務日報について話して行こうと思います。

今までは部署内で一人が一日の生産をまとめて書く方式にしていたのですが、

時間の意識だったり、個々の生産に対する意識を高めていきたいと思い

個人個人で日報を今週から書いてもらい始めました。

日報

作業に入った時間、終わった時間の記入、生産中に気付いた注意点を記入してもらっています。

普段から生産中にタイムを計ってもらってはいたのですが、

より正確なタイムを把握できるようにそのようにしています。

アイテムが変わるとどういう流れでしていたかを忘れてしまうので次に生産する時に

日報を見て初日から流れをつかめるように使っていければと思っています。

暑い日が続きますが熱中症など、引き続きコロナにも気をつけてお過ごしください。

ではまた。

 

 

2021/07/30 | TOPICS

不測の事態

OEM事業部の東です。

 

前回2月末でしたが早いもんで7月も後半ですよ。

梅雨が明けてオリンピックも始まりますがまさかの東京、沖縄はまたもや緊急事態宣言ですよ。

もう自粛慣れ?自粛疲れ?しちゃいますよね。ぐだぐだですよ。

 

そんな中でも我がOEM事業部も厳しい状況で日々悪戦苦闘しています。

基本的にバタバタしていると思うのですが無事クリア、納品できれば嬉しさもひとしおですね。

 

機嫌よく進んでいても必ずと言っていいほど起こるのが不測の事態です。

大なり小なりはありますが諸先輩の知識、指導でクリアしていきます。

特にお客様絡みになると段取りが全部飛びますもんね。

そんな時の対処としての基本は「顧客第一主義」だと考えます。

よく企業では「CSの向上」であるとか「QCの向上」とかも製造業ではありますが、平たく言うとお客様の立場になって行動、言動する事かと。もちろん迅速に誠意を持って対応は必須ですね。

・・・大体一難去ってまた一難、常に2,3個抱えてますが。

 

色々ありますがそんな感じで我がOEM事業部で一員として一つ一つクリアして成長、勉強していけたらと思います。

不測の事態にも誠心誠意こめて対応いたします。

鞄、袋物、雑貨縫製品のご用命はぜひコニーでよろしくお願いいたします。

bnr_creezan

 

2021/07/21 | TOPICS

梅雨対策

こんにちは、PB事業部CREEZAN 福西です。

 

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃。

 

みなさん、ジメジメしたこの時期、体調崩されていないでしょうか?

 

豊岡は湿度がとても高い地域です。

 

私は、北陸、四国、関西と幾つかの地域でくらした事があるのですが…

 

ダントツです。

 

仕事をしていて、湿度が高くて困る事がいくつかあります。

 

①金属製の道具が錆びる

 

②革が傷む

 

一つ目の金属製の道具については、知らぬ間に錆びている事があります。

 

ミシンの押え、ネンびき、穴あけポンチなど、引き出しなど風通しの悪い所には保管せず、吊り下げたり、使用する時に綺麗に拭き取っています。

 

二つ目の革の傷みについては、社内では保管場所も広く、平置きしたり、密にならないように保管しております。

 

豊岡に越してきて一年目は、自宅にある革は残念な事になったものも…

 

除湿剤や、除湿機を使い、湿気が溜まらないようにしています。

 

革靴や革の鞄も同様です。

 

ビニール素材など、なんて事ないのですが、革は生き物だなぁと痛感します。

 

きちんとした保管方法とメンテナンス次第では何年も使える相棒に。

 

道具も革も、保管方法に気をつけていきたいと思います。

S__6979586

 

2021/07/16 | TOPICS

ARCSの梱包作業

こんにちは。ARCSのオムです。

 

東京はそろそろ梅雨が明けそうで、熱い夏に入る日々です。

 

 

梅雨時期はいつも様々な商品の出荷が多くなる時期です。

 

やはり梅雨時期は何より雨や湿気が商品や段ボールに影響してます。

 

だから、検品と梱包に関しては商品が雨や湿気等で不良が出ない様に気を付けようと思って作業に入ってます。

 

箱の出し入れから 出荷に向けて商品の入れ方やアンコの入れ方を考えながら商品を梱包しております。

 

20210712_131811(お客様の指示を元に商品梱包の例)

 

20210712_131816(箱入れの時の例)

 

夏に向けてARCSはこれからの検品と出荷もしっかりしていきたいと思っております。

 

 

コロナでまだまだマスク生活が続いておりますが、熱中症には気を付けて下さい。

 

2021/07/15 | TOPICS

ホック打ち

こんにちは!

生産部CREEZAN室井です。

 

七月に入りましたが、なかなか晴れた日が現れず、相変わらずじめじめした日が続きますね、、、

 

只今CREEZANではラフトートの生産を進めております。

 

Wフェイスのシリーズが出てから、ラフトート、スクエアトート、サコッシュと生産することが増えました!

大きな特徴として、大きい革ネームのポケットと、オリジナルホック、があります。

 

今までのJETTERシリーズにはホック打ちがほとんどなかったので、私は入社してからホック打ちをすることがありませんでした。

なのでWフェイスの生産開始のころはホック打ちにとても緊張しました。

特に鞄が出来上がってからの穴開けは絶対にミス出来ない!

ので、すごく慎重に穴の位置を確認してあけていました!

 

最近では慣れてきたので前ほどの緊張はないものの、

やはり最後の仕上げは緊張します・・

 

S__14508036

 

写真は穴をあける前のスクエアトートです。

 

真っ白なところに印をつけて、穴をあける。

 

 

慣れてきても、間違いのないように気を引き締めないと!

 

といつも思う行程です。

 

S__14508034

 

こちらがラフトートですが完成の写真です。

 

オリジナルホックのロゴの向きが間違ってないか、角度が曲がってないか、

 

 

今回の生産も最後のホック打ちまで気を引き締めて生産していきます!!

 

では、また。

2021/07/13 | TOPICS

アーカイブ③

こんにちは!OEM事業部ワダです。

 

それでは今回もアーカイブのご紹介をさせていただきたいと思います。

 

S__53510147 S__53510150

 

こちらは海外製のかごバッグになります。

 

かご×金具×本革という商品はあまり見たことがない仕様だなと思いました。

 

そして、一番気になったのがこちらの商品も鍵がついているんです。。

 

そうです!前回のアーカイブ①化粧ケースにもありました!

 

こちらのかごバッグは某アパレルブランド様の下げ札がついていたので恐らく鍵はデザインの一部だと思われますが、、

 

少し前は流行っていたのでしょうか?それともたまたま!?なんだかアーカイブもっと探ってみたくなってきております。

 

 

 

前回投稿したキャリーボストンバッグ、投稿から約半年経ちますがその間に新規でお問い合わせをいただいております。

 

いろいろお話している中で”日本製でできないか?”ということになり、社内でサンプルを作成することになりました。

 

私のブログを読んでいただいていた方は、あれ?と思われるかもしれません。

 

そうです。以前のブログではキャリーボストンバッグはベトナム製とお伝えしておりました。

 

お客様が日本製にこだわられており資材も日本製を使うことや弊社オリジナルブランドでも日本製のキャリーバッグを量産していることもありまして、キャリーボストンの部材を輸入し日本製でのサンプル進行となっております。(弊社は中国、韓国支店がございますのでそのようなことも可能)

 

ご要望がございましたら柔軟にご対応させていただきます。

 

それでは、また!

2021/06/22 | TOPICS

豊岡の鞄業界について

6月は新緑の季節といいますが、なんせ週末は草抜きに勤しんでおります

ナカムラです。

 

今回のタイトルでは、なかなか難しいことを訴えようとする感じを出してみましたが

最近思うことを書いてみます。

 

Aoneに異動してから、6年目を迎えております。

それまでに所属していた部署では外回りをあまりしておりませんでしたが、

ここ5年間外回りをしたことで豊岡の鞄業界に携わる人脈が増えてきたと実感しております。

趣味で始めたテニスに参加しても、鞄業界の人と親しくなり

そこから仕事につながるなんてこともあり、『豊岡らしいな~』と思います。

また、外回りをしている時にすれ違う軽バンの9割は鞄関係の人だと思っているので

手を振る準備をしております。

 

ミシンや裁断機などの機械類でわからないことがある場合に

ミシン屋さんじゃなくても、知り合いに聞いたら教えてくれるなんてこともあり

感謝感謝の毎日です。

高齢化を感じた時もありましたが、最近では同世代や若い職人の方々との交流も増えてきており

たくさん刺激をもらえます。

自分も誰かに刺激を与えられるように日々頑張ります。

 

今週はよく話す裁断屋の師匠に機械のメンテナンスを学んできました。

来週も頑張りましょう~!!!

 

刃研ぎ

 

2021/06/18 | TOPICS