TOPICS

「 TOPICS 」 一覧

お花見

4月に入っても冬のコートが手放せないくらい寒かったのに、いよいよ一気に桜の蕾が開き桜も満開。

 

青空に桜のピンク色が映えて、やっと新年度の始まりといった空気が清々しいですね!

 

ラボラトリーのマスダです。

 

先週の東京の記事では、すでに桜が咲いていたことにびっくりしました!

 

今週はコニー恒例のお花見があり、日高の水門の桜の木の下で、全員大集合でお昼にお弁当をいただきました。

 

わたしは今年初めてのお花見で、まだ少し肌寒さはありましたが、大好きな桜がとっても綺麗で暫しの休息に身体も心も癒しの時間でした。

 

平成が幕を閉じようとしているこの4月。生産の部屋では、集中して下を向く作業が続くので気分転換と作業効率があがるように毎日ラジオを流しながら仕事をしています。4月に入り、平成を振り返る話題で持ちきりなのですが、いろんな平成の出来事や音楽を思い出しながら、これから迎える令和を気持ち新たに迎えたいと思います!

 

CF4AF726-8C40-4256-9B01-D7E47EF03191

2019/04/05 | TOPICS

レセプション

こんにちはARCSの鈴木です。

今日はお取引様のレセプションパーティーに行ってきました。新店オープンのお披露目会でしたが、品揃えから内装までも、とても素敵な空間で、何より事業規模の大きさを感じられ、ただただ圧倒されるばかりでした。

各お取引様から、シーズンごとに展示会にご招待頂くこともありますが、そういった場も同じくそのブランドに携わる方々の熱意を感じられるためとても貴重な機会です。

また同時に、商品を心待ちにしているお客様も浮かぶことで、生産管理としては身の引き締まる場面でもあります。

私たちの携わった製品が、毎日どこかで、良い買い物したなぁ、と思ってもらえるよう、初心に戻り日々の実務を積み重ねていきたいと思います。

会場の夜桜がきれいでした!

26693812-78A5-4F71-8C4A-1A2A23A7CE9C

2019/03/29 | TOPICS

押さえ跡

こんにちは!CREEZAN 福西です!

 

気温も上がり、春らしくなってきました。

 

桜が咲くのを楽しみに頑張っていきましょう!

さて、今回の「押さえ跡」
ミシンで重要な押さえ。
色々な形や大きさがあります。
縫製する生地や革の種類によってはもちろん、柔らかさや厚さなど、それぞれに合った押さえを使います。
また、ほとんどの押さえは原形で使っているものは少なく、用途に合わせて削っています。
今回はたくさんある中の1つの例を写真にとりました。
革を縫製している時、押さえの角によって押さえ跡が残ります。
写真上は押さえ跡が残っているのがわかります。
B96A8326-B202-4058-8EBE-662814B85953
押さえの後ろを丸く削っているかの違いです。
DF44A8E2-49F9-442D-91AC-F8AE616B6CCC
削ったもの、削っていないものでは、跡が全く違いますね。
けれど、削りすぎてもいけません。
接地する面が小さくなる分、圧力が一点にかかりすぎたり、進みが悪くなったり、加減が必要です。
その加減は、感覚に頼る部分が大きいですが、ミシンを踏みながら、こんな押さえがあったらと試行錯誤するしかないと感じています。
以前ブログにも書かれていましたが、ミシンを踏む時は考える時間。
日々試行錯誤しながら作業していきたいと思います。

 

2019/03/22 | TOPICS

ボーリング大会

こんにちは  生産管理の川村です。

 

 

もう3月ですね~。

 

 

早く暖かくなってほしいものです。

 

 

先日ボーリング大会があり、ボーリングはあまりやったことがないのですが私も参加してきました!

 

 

総勢100名ほどの大きな大会で順位によっては景品が貰えるという素晴らしい行事です。

 

 

投げるフォームが変だと言われながらも、なんとか頑張りましたが、、、、

 

 

結果は2ゲームでスコアが175だったんですが、自分の中では良い方だと思います。

 

 

多くの方が景品をもらっていましたが、残念ながら私は貰えませんでした。。。

 

 

なかなかボーリングをする機会はないので、ちょっと疲れましたが良い気分転換になりました!!

 

 

たまには体を動かすのもいいですね。

 

 

それではまた。

D0637363-6834-45A9-85CB-4C9804D055C4

2019/03/02 | TOPICS

姫路バーガー博覧会2019

雪がはらはらと舞ったりとまだまだ寒い2月ですが、暦の上では春になりましたというニュースを耳にしながら、毎日布団から出る寒い朝と闘っています。

ラボラトリーのマスダです!

 

 

2月10日と11日に姫路で開催された姫路バーガー博覧会2019に、CREEZAN城崎本店の看板メニュー、但馬牛のテリヤキバーガーをスタッフの一員として出店してきました!

DB252691-470D-4678-8395-585110FEAAF2

西日本ハンバーガー協会プロデュースによる、ご当地バーガー、グルメバーガーなど20店舗による一大ハンバーガーイベント「姫路バーガー博覧会」

 

開店から、城崎本店にいつも来ていただいているお客様がわざわざ来て下さったり、他店のハンバーガーショップのみなさんが、前回出店の鳥取バーガーフェスタでは完売で食べ損ねたから!と一目散に購入しに来て下さったりと、普段なかなかショップやカフェの様子まで伺えない生産側の社員としては、たくさんのショップのファンがいることが知れてとても嬉しく感じました。お馴染みのハンバーガーをお渡しするオリジナルバッグもとても好評でしたよ!

3F95EBB4-70EC-4CCA-BE5C-0F6E78CBD562

そして、なんと!テリヤキバーガーは22店舗中4位という結果と共に、たくさんの方に城崎でカバンを販売しているハンバーガーのショップということも知っていただける良い機会となり、雪が降る中での参加でしたが、身の温まる結果をいただけました。

 

 

そんなバーガー博覧会でも、大好評だった但馬牛のテリヤキバーガーはCREEZAN城崎本店にてご賞味いただけます。ぜひ、ご来店くださいね!

C344CCAC-CA9E-49EC-AB86-3E114135DF09

 

2019/02/15 | TOPICS

使い道

こんにちは!CREEZAN 福西です。

今年はありがたいことに暖冬ですね。
毎年雪が積もる豊岡ですが、今年は一度も雪掻きをしておりません。快適です!
2月も張り切っていきたいと思います。
さて、今回は、道具の使い道についてご紹介します。
ホームセンターで見かける、あれやこれ、思ってもみなかった事に大活躍するなんてことありませんか?
生産の現場でもそんな事が多々あります。
その一例として、コバ塗りの時に使う道具をご紹介します。
コバとは、革をカットした断面の事です。
何も処理をしないと、割れたり、黒ずんだりしてしまいます。
コバを保護しながら美しくみせる加工がコバ塗りです。
コバを塗って乾かす際、写真の道具は必須です。
AE923E3C-86D1-46D0-8A85-C9026A09C703
09865665-20AB-4CD3-804F-87C7BC3C2D3E
皆さん、ホームセンターでこの2つ見かけた事あるのではないでしょうか。
乾かすのに必要な間隔だったり、ベタッと接地しない感じ…絶妙です。
ホームセンターに行った時は、何か使えるものはないかと知らぬ間に考えていたり。
今後もそんなアイディアを持ち寄りながら、生産現場をより良いものにしていきたいと思います。

 

2019/02/08 | TOPICS

伝え方

こんにちは。

 

 

生産管理の川村です。

 

 

早いもので2019年になってからもう一ヶ月たちましたね。

 

 

一日が過ぎるのが早いなと感じている毎日です。

 

 

さて、今回は私が日ごろから気を付けようと考えていることについてお話します。

 

 

それは、伝え方です。

 

 

お客様とやりとりすることが多い生産管理にとって伝え方はとても重要になり、

伝え方が悪いと時間を失うので二度手間になりますよね。

 

 

私自身もこれで伝わるだろうと思って言ったことがうまく伝わらず、無駄に時間を使ってしまったことがあります。

 

 

なので、今回は伝わりやすい伝え方を勉強を兼ねていくつかご紹介します。

 

 

それは、ダラダラと長く説明をするよりも、結論を先に言ってから補足をしていくということです。

 

 

他にも、短く、曖昧な言葉を使わずに伝えるのが良いらしいです。

 

 

 誰にでもわかりやすく、相手に合った話し方をするのも心掛けたいと思います。

自分の考えを伝えられたか、確認するのも重要ですね。

 

 

このことを意識して、今年は時間を有効活用して仕事を進めていきます。

 

 

それではまた。

2.1

2019/02/01 | TOPICS

革のこと

こんにちは、ARCSの鈴木です。

私は革や毛皮が好きで、革や毛皮製品を良く買ってしまいますが、今は鞄を作る会社に勤めているので、革の話をしようと思います。

鞣す前は原皮と言いますが、北米の原皮が良いと言われています牛にとって環境が良いためだそうです。人と同じで、革の表面には生きていた頃の傷やシワが残っています。中でも乳牛の去勢それたオスは、食用のため大きく育つ前に屠殺されてしまうので、傷など少なく革製品を作るのには良いそうです。革の鞄は決して安くないですし、お客様は傷やシワはあって欲しくないと思う気持ちは分かりますが、そもそも皮革は副産物なので、鞄を作りたいからと良い牛を選ぶことは出来ません。以前お世話になっていたタンナーさんが、よくそうおっしゃていました。そのタンナーさんから短い間でしたが、いろいろ教わる機会がありましたが、この仕事をしている中では経験は未熟で、いつも革を扱うことの難しさと大変さを痛感します。でも、皮革の良さや特質を生かして鞄を作ること、それに携われることはその大変さと同じくらい面白く興味深いですし、デメリットもあるけれど、革製品の良いところをもっと上手に伝えられるようになれたらいいとなと思います。

 

画像は愛用のやぎ革の手袋です。指の側面もパーツ分けされているのが良い手袋のつくりらしいです。

0

2019/01/27 | TOPICS

はじめまして

はじめまして!

昨年の10月に入社し、ラボラトリーで鞄の生産をしているマスダです。

 

モノづくりの現場は初めてで、何事も勉強の毎日ですが、やっと一日の流れや生産の流れを掴めてきたので、微力ながら自分が出来ることを精一杯発揮出来るよう日々頑張っております。

 

 

 

元々ファッションは大好きで、これまで販売員としてお洋服や鞄に携わってきたものの、まさか生産というお仕事に携われるなんて思ってもいなかったのですが、転職活動を通して目に止まったのは豊岡の地場産業でもあるかばん産業でした。

 

わたし自身豊岡育ちで、祖父や祖母もかばん産業に携わっていたくらい身近な存在だったので、自分も同じようにかばん産業に携われることを微笑ましく誇らしく思います。

 

ここコニーには全国からモノづくりを志して入社している社員がたくさんいて、また豊岡以外にも東京や海外にも拠点を置いています。

 

わたしは、豊岡にあるラボラトリーの一員として所属していますが、生産には個人の高い技術とチームワークがとても重要だと日々感じています。個人の高い技術を短期間でアップさせられる程甘い道ではないので、わたしが今出来ることは少しでもチームワーク力があがるように技術以外のことで色んなことに目配りすること。

 

入社して3ヶ月。社員、パートさん関係なく責任感が強く、個人の成長が部署の成長、部署の成長が会社の成長であることが感じられ、強いチームワークで会社が活きていると素直に思える会社です。

 

 

 

新年を迎え1月ももう半ばを過ぎましたが、自分にとっても会社にとっても実りある1年になるよう、日々全力で精進していきたいと思います!今月より生産の現場をレポートして参りますので、よろしくお願いします。

 

134BB403-3F72-4A34-BE4A-9EF7DBBAE445

2019/01/18 | TOPICS

ミニチュアバッグ

明けましておめでとうございます。

 

CREEZAN 福西です。

 

2019年も張り切って生産していきたいと思います!

 

さて、今回は、城崎のショップで販売しているミニチュアバッグの生産についてご紹介します。

 

もともとは、クリスマスツリーに飾るオーナメントとして店頭用に作りました。
すると、お客様から「是非欲しい!」というお声をいただきました。
そんなお声から、ついに商品化!!
全部で3種類あります。
●JETTERシリーズ
ブリーフ
ラージトート 
●城崎のショップ限定
革トート
内装はついていませんが、かなり忠実に再現されております。
写真からサイズ感お分かりいただけるでしょうか?
6E8F62CB-CE25-4DA1-9DA0-BB7EDF230390
作り手としての感想としては、
小さすぎて手が入りにくい・・・
男性で手の大きい職人は苦戦するのではないだろうかと、作りながら考えたり。。。
しかし、完成してみると、
か、かわいい。
D5FE90FA-0F07-4B43-BA5A-1F9564346072
ご購入されたお客様はどのように使っているのだろうかと担当者に聞いてみると、
中に小さなプレゼントを入れて大切な人に贈ったり、テディベアなど、ぬいぐるみ用だったりと様々です。
今回は、革トートの写真しか載せませんでしたが、他にも2種類あります。
どうぞ城崎のショップに足を運んでいただければと思います。

2019/01/12 | TOPICS